押さえておきたい!会社のサイト制作のポイント


方向性を決めることが大事

企業にとってWebサイトは、自社を知ってもらう場所であり、新規顧客獲得につながる手段でもあります。できるだけ多くの人にサイトを見てもらい、興味を持ってもらうためには、サイトの方向性を定めることが大切です。自社のWebサイトに訪れた際に、ユーザーに何を提供するか、ユーザーが閲覧したときに得られるものなどの目的や意義を考えます。また、どんな人にWebサイトを見てもらいたいかも考慮します。ユーザーは、どのように自社のWebサイトに訪れるのか、どんな環境で閲覧するかについても推察してみましょう。つまり、サイト制作では、方向性を5W1Hで考えて明確化しておくと、ぶれないサイト作りができます。

企業Webサイトのデザイン

企業のWebサイト制作にあたり、最も悩むといわれているのがデザインです。Webサイトを通して伝えたいことは企業によってまちまちなので、一概にこのデザインが良いというものはありません。ですが、意図していることがより伝わりやすいWebサイト制作のベースはあるので、主要なものをいくつかご紹介します。

企業のWebサイトでよく使われるのが、パネルタイプです。パネル状にコンテンツを配置するデザインで、シンプルでスタイリッシュなデザインになり、伝えたいことを明記できるのが良い点です。ペライチタイプのデザインは、伝えたい情報やサービスなどを1ページに集約して表示します。こちらは、主要なサイトというよりは、キャンペーン広告をしたり、ランディングページとして使うとよいでしょう。インパクトがあるデザインにしたい場合は、背景画像を使用できます。自社の商品やサービスなどを背景に置くことで、個性的なサイトに仕上がります。

コーポレートサイト制作の際に重要なのは、専門用語をできるだけ使わずにユーザーにとってわかりやすい文章で作成することです。