今からでも遅くない!ウェブ制作を学ぶべき3つの理由


そもそもウェブ制作って何?

ウェブ制作とは、簡単にいうとホームページを作ることです。少し専門的な用語になりますがHTMLとCSSという技術を学ぶと、オリジナルのホームページを作れるようになります。

難しそうに感じるかもしれませんが、最近は初心者向けの入門動画など学習用のコンテンツが増えているので習得のハードルが下がっています。制作に使用するソフトウェアも無料のものがほとんど。ぜひチャレンジしてみてください。

ウェブ制作ができると転職に役立つ

ウェブ制作ができると転職に有利です。ウェブ制作会社の求人にも応募できますし、一般企業もウェブに詳しい人材を欲しがっている場合があります。趣味でもいいので、実際にホームページを作っておいて、それを人事担当にアピールするという方法もあります。一度、転職サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。

ウェブ制作は副業にもつながる

最近は副業でウェブ制作に挑戦する人が増えています。クラウドソーシングと呼ばれるサービスを活用すれば、オンラインで仕事を受注することも可能です。ただし、実績が少ないとなかなか仕事をもらえないこともあります。そんなときは、自分でオリジナルのホームページを作っておき、ポートフォリオとして公開すると実績の代わりに評価してもらえる場合があります。

知り合いのホームページを作ることもできる

あなたの周りに起業したばかりの知り合いはいませんか?飲食店の店長さんは?もしそんな人がいたら、宣伝用のホームページを作ってあげてください。知り合いということで格安でも構いません。大事なのは、実績を増やすことです。ここで経験を積んで、転職やクラウドソーシングなどにつなげましょう。

コーディングとは、Webサイトをブラウザ上に構築することです。これにより、HTML、JavaScriptといった言語を用いてソースコードを記述することができます。